コンソーシアム概要

数理・データサイエンス教育強化拠点コンソーシアムとは

設置経緯

平成28年12月,北海道大学,東京大学,滋賀大学,京都大学,大阪大学,九州大学は数理及びデータサイエンス教育の強化に関する懇談会における評価結果を踏まえ,文部科学省より数理及びデータサイエンスに係る教育強化の拠点校として選定されました.拠点校6校は,数理・データサイエンスを中心とした全学的・組織的な教育を行うセンターを整備して,各大学内での数理・データサイエンス教育の充実に努めるだけでなく,全国の大学に取組成果の波及を図るため,地域や分野における拠点として他大学の数理・データサイエンス教育の強化に貢献することが期待されています. そのために東京大学を幹事校として6大学コンソーシアムを形成して,以下の取り組みを行うことになっています.

事業内容

標準カリキュラム・教材について

特に標準カリキュラム・教材の作成は,当面の最重要ミッションです. 標準カリキュラムは,一般教育・専門基礎教育において必要となる中核的・基礎的な能力育成に係るカリキュラムです.全国的なモデルとなる標準カリキュラム及びデータセット等の教材を作成して,普及に取り組みます.

一般教育では,数理・データサイエンスが社会における課題発見・解決や新たな価値の創出や様々な学問分野の発展に役立つものであることを認識し,それがどのような原理で行われているのかを理解できることを目指します. このため,基礎的な理論・方法を教育するに当たり,導入部分のみならず,全体を通して各工程で企業の事例を元にしたケーススタディ等を取り入れます.

専門教育では,ある現象や社会的課題に対して,各専門分野と数理・データサイエンスを掛け合わせて解決方策を提示できる能力を育成することが必要です.その準備として,専門基礎教育では,基礎的な理論・方法を活用したグループワーク・PBL等の実践的な方法による授業等により実務・実践で活用できる能力のベースの修得を目指します.

一般教育・専門基礎教育を通じて,標準カリキュラム及び教材作成に当たっては,数式のみで学ばせるのではなく,実験データ・調査データ・地域の生データ等の各種データを集めたデータセットを活用した演習や企業の事例を元にしたケーススタディを取り入れます.ただし,個々の大学が,データの入手から教材の作成まで,著作権等を踏まえながら整備することは多大な労力を要します.そのためセンターに教材を蓄積し,オープンにどの大学でも使用できる環境を整備することを目指します.

また,事前事後学習の充実を図るためにはeラーニングによる学習環境の整備が有効です. eラーニングシステムについて,個別大学単位ではなく,コンソーシアムによる維持・管理など,継続的な使用が可能となるよう検討中です.

構成組織

事務局

〒113-8656 東京都文京区本郷7-3-1 
東京大学大学院情報理工学系研究科
情報理工学教育研究センター
E-mail: cerist@mi.u-tokyo.ac.jp
Tel: 03-5841-8558 (EXT.28558) FAX: 03-5841-0454 (EXT.20454)