モデルカリキュラム (応用基礎レベル)

数理・データサイエンス教育強化拠点コンソーシアムでは、政府の「AI戦略 2019」 (2019 年 6 月策定) において、「文理を問わず、一定規模の大学・高専生(約 25 万人卒/年)が、自らの専門分野への数理・データサイエンス・AIの応用基礎力を習得」することとされていることを踏まえ、リテラシーレベルのモデルカリキュラムに続き、応用基礎レベルのモデルカリキュラム を検討してまいりました。

応用基礎レベルの教育の基本的考え方、学修目標・スキルセット、教育方法等について、意見募集を経て、この度、「数理・データサイエンス・AI(応用基礎レベル)モデルカリキュラム ~AI×データ活用の実践~」として取りまとめましたので、以下のとおり公開します。


数理・データサイエンス・AI(応用基礎レベル)モデルカリキュラム ~ AI×データ活用の実践 ~