センター概要

数理・情報教育研究センターとは

数理と情報の能力の重要性は、文系分野を含む様々な分野で急速な広がりを見せており、これらの能力を有する人材の育成は喫緊の課題となっています。数理・情報教育研究センター(略称:MIセンター)は、数理と情報 を縦糸に、応用展開を横糸にして、数理的手法、データサイエンス及び情報技術の総合的な 教育基盤を整備することにより、社会における課題抽出、問題解決、価値創造ができる人材 を育成することを目的としています。

MIセンターは、情報理工学系研究科を責任部局、総合文化研究科、 理学系研究科、工学系研究科、数理科学研究科、情報学環を連携部局とする連携研究機構 です。

センターには、数理情報部門、数学基礎教育部門、基盤情報部門、応用展開部門の4部門(図1)を置いています。数理情報部門では、数理及びデータサイエンスを中心とした体系化 された教育基盤の整備、数学基礎教育部門では、数学の基礎の構造化と体系化された数学基 礎教育の整備、基盤情報部門では、応用システムの実現に必要となる情報学的基盤の整備と システム構築に必要となる教育体系の構造化、応用展開部門では、文系分野も含む様々な分 野への展開を推進します。また、総合的視点に立ちカリキュラムの構造化・体系化を行います。